実績

消防設備点検作業

お久しぶりです。橋口(女性)です。

コロナの影響で4月5月の点検が延期になり

かなりバタバタしていましたがようやく落ち着いてきました。

決してめんどくさくて更新を止めていたわけではありません。(/ω\)

今日は消防設備点検がどういった点検をしているかを

説明したいと思います。

通常のマンションですと消火器・自動火災報知設備・避難器具・誘導灯

少し大きくなると連結送水管・屋内消火栓・スプリンクラーなどが

設置されています。

よく見かけられるが自動火災報知設備の点検だと思われます。

 

建物内に感知器(熱や煙を感知する機器)が設置されているのですが、

それを1個つづ加熱試験器や火煙試験器を使い調べていきます。

感知器が熱や煙を感知すると受信機に信号が行き

ベルやサイレン・非常放送などが鳴動します。

点検中は受信機の音を止めた状態で点検するのですが、

各メーカーごと、年代ごとに受信機が違い点検やり始めの頃は

憶えられずアタフタしました。

しかし久しぶりに出ましたR型パナソニック受信機!

下見の時,受信機室に鍵がかかっていたので、

当日でいいかと早めに到着したものの

音響停止方法がわからずパニックです。

盤面の液晶を触っていても設定に入っていましい戻れず、何気に受信機に設置さ

れている受話器を上げると元の画面に戻りました。

わかってみると単純なのですが、受信機の扉の裏に点検モードリップスイッチが

あり、それを点検にすると今まで開かなかった盤面の液晶のページが開ける

といったよくあるパターンでした。

やはり下見は大事ですね。

話がそれましたが建物内の感知器を1個つづ試験をしていくといいましたが、

R型・GR型などは定期的に感知器を点検してくれるので

1個つづ試験する必要はないのでコロナでお部屋に入れない時などは

いいですね。

自動火災報知設備にはベル・サイレン・非常放送などが鳴動するように

設置されています。

各階に設置されているので点検の際はかなり大きな音がします。

マンションによると各お部屋内にスピーカーが設置されており

こちらも大きい音が鳴らせないときにはマイクをコツコツ

たたくことが多いです。

子供の頃は火事の時以外は押してはダメだと言われた発信機も

今のわたしは押し放題です。

現場仕事ですが女性の私にもできるお仕事なので

女性も防災業界増える事を期待している今日この頃です。

では又、次回は他の設備を紹介したいと思います。

 

 

2019年度セフテック忘年会

お久しぶりです。

セフテックの𠮷野です。

今回はお世話になった方々をお招きししての忘年会の様を紹介します。

たくさんの人達が参加してくださり、とても楽しい時間をすごせました。

年齢はみんなバラバラですがすごくフレンドリーで優しい人達ばかりなので気を使うことなく楽しめました。

仕事の話などもさせて頂きとても有意義な時間を過ごすことができました。

新しいメンバーも増えたので今年は今までやってこなかった新しい事にもどんどん挑戦していきたいとおもいます。

また来年も楽しい忘年会を開ける様にがんばりますのでよろしくお願い致します。

 

 

 

 

消火器のピクトグラム

 

こんにちは~橋口(女性)です。

今回は消火器のピクトグラムについてお話したいと思います。

  ←9㎝角以上

皆様、見たことありますでしょうか?

公共スペース、電車内、高速道路などに設置されています。

正直私はまだ見たことがありません。

近年、外国人来訪者が増加傾向にあることからわかりやすい

ピクトグラムを取り入れることになったみたいです。

確かに「消火器」の表示では外国の方は解らないですよね。

ただし条件があり、

①消火器を直接視認することができること。

②ピクトグラムの大きさは、9㎝角以上必要。

①と②が基準なのですが、指導や条例で使用法が必要な場合があります。

取り付けお考えの方は各消防署にご相談下さい。

 

 

 

 

某保育園新築現場

毎度!!

株式会社セフテックの西田です!!

いつも当社ホームページをご覧になって頂きまして、誠にありがとうございます。

この度は、保育園の消防検査に行って来ました。

園児の手が届かないような高さを考慮し、設置基準ぎりぎりの

高さに消火器の設置及び発信機を取付しています。

 

※設置基準

・ 消火器

床面からの高さが1.5m以下に設けること。

・ 発信機

床面からの高さが0.8m以上から1.5m以下に設けること。

 

 

園児はいろいろな物に興味があり、触ったり、叩いたり、持ち上げたりするので、怪我や誤作動のないように消防設備を取付する必要がありますよね!

普段建築物に当たり前のようにある消防設備も、防火対象物の用途によっては安全面を考える必要があるんだなと気づかせられる現場でした。

次回もご愛読、宜しくお願い致します。(笑)